歯周病と知覚過敏の最近のブログ記事

知覚過敏症とは、むし歯ではないのに歯がしみる症状をいいます。

なぜ、こうしたことが起こるのでしょうか。

 

歯の神経は、歯の中心部にある歯髄(しずい)と呼ばれる場所にあります。

歯髄は周囲を象牙質でおおわれ、その外側には硬いエナメル質の層があります。

歯の根の部分(歯根部分)にはエナメル質はありませんが、

代わりにセメント質の層で守られています。

このエナメル質やセメント質の層が傷つき、象牙質がむき出しになると、

知覚過敏が起こります。

象牙質には、象牙細管と呼ばれるたくさんの穴が開いているため、

象牙質がむき出しになると、外からの刺激が象牙細管を通して、

歯の神経に伝わり、痛みを感じるのです。

 

エナメル質やセメント質が傷つく原因として、次の2つが考えられます。

  ①歯ブラシで強くみがきすぎて、歯のエナメル質を傷つけたり、 

    歯周病などで歯ぐきが下がって露出した歯根部分のセメント質を傷つけてしまう。

    セメント質はエナメル質よりやわらかいので、歯根部分が露出しただけで傷む場合も。

  ②歯ぎしりや歯を食いしばるクセで、過剰な力がかかって、

    歯の表面が割れたり、はがれたりする。ひどいときは歯にひびが入ることも。

 

冷たいものが歯にしみると感じたら、すぐに歯科医院で診てもらいましょう。

いったん知覚過敏になると、何度もくり返し起こり、症状が強くなっていきます。

知覚過敏では、軽度から重度まで段階を追って次のような治療をします。

軽度の場合

  ①やわらかい毛質の歯ブラシを使って、正しい歯みがき法で口腔内を清潔に保ちます。

    口の中が清潔であれば、唾液に含まれるカルシウムやリンが

    歯の表面の傷ついた部分にくっついて、歯を修復する「再石灰化」が起こり、

    知覚過敏の症状が治まってきます。

  ②歯みがき指導では、軽い力でみがくよう教えられますが、

    時間がたつと強くみがくクセが出てしまうことがあります。

    歯ブラシにかける適切な圧力は300グラム程度といわれています。

    力の程度がわからなくなってきたら、キッチン秤などで確認しましょう。

  ③歯みがき剤は使わないか、研磨剤が入っていないものを少量使用。

    歯ブラシがふれると痛む場合は、

    知覚過敏の症状を抑える歯みがき剤を使うといいでしょう。

中程度の場合

    痛みが強い場合は、露出した歯根の表面をコーティングする処置をしたうえで、

    正しい歯みがきを続けて再石灰化を待ちます。

    ほかに、レーザーを照射して症状を緩和させる方法もあります。

重度の場合

    露出した歯根の傷つき方が大きい場合は、

    歯と同じ色をしたセメントやレジンという修復材で傷を埋めて、

    歯の神経が刺激を受けないようにします。

また、原因が歯ぎしりである場合には、歯科医院で歯の型をとって、

マウスピースをつくってもらいます。

就寝中にこれをつけることによって、歯の損傷を予防することができます。



2010年11月: 月別アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち歯周病と知覚過敏カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは歯周病と歯磨き粉です。

次のカテゴリは歯周病のチェックです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

回線速度について