歯周病の手術

| | コメント(0) | トラックバック(0)

歯周病は何よりも予防が大切で、それでも歯周病になってしまった場合は

「スケーリング&ルートプレーニング」などの治療を行うことによって

症状の改善を図るのですが、中度、または重度歯周病などの場合は

これらの治療法では症状が改善されない場合があり、

そのような場合には以下のような外科的歯周病手術」が行われます。

 

①歯肉剥離掻爬術

これはフラップ手術とも呼ばれ、歯周ポケットが深いために

「歯石/歯垢(プラーク)」を完全に除去できないような場合に、

歯周ポケット自体を切除した後、歯肉を歯槽骨から剥がし、

歯と歯肉の間に溜まっていた「歯石/歯垢(プラーク)」を

除去(スケーリング&ルートプレーニング)し、「歯石/歯垢(プラーク)」を除去した後に

歯肉を元の位置に戻して縫合する手術法です。

 

②歯周組織再生療法(エムドゲイン)

これは手術法自体は上記の歯肉剥離掻爬術とほぼ同じで、

剥がした歯肉を縫合する前に歯槽骨に

「エムドゲイン(開発歯周組織再生誘導材)」というたんぱく質の一種を塗布することによって

歯周組織の再生を図る治療、手術法です。

 

③組織再生誘導法(GTR法)

これは上記2つと手術法自体は同じで、「エムドゲイン」ではなく

人口の特殊膜を歯槽骨に塗布することによって歯周組織の再生を図る手術法です。

 

④歯の分割治療・手術

臼歯(奥歯)の根元は2本、または3本になっている事が多いのですが、

この状態だと根元の間に溜まった「歯石/歯垢(プラーク)」を除去する事が困難なため、

臼歯(奥歯)を2分割する事によって溜まった「歯石/歯垢(プラーク)」を除去し、

「歯石/歯垢(プラーク)」を除去した後に被せ物をする治療、手術が行われます。

 

また重度歯周病などによって、歯周病治療の甲斐なく残念ながら歯を失ってしまった場合、

いままでは『入れ歯・ブリッジ』という選択肢しかありませんでしたが、

最近では顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、

その上に歯を作っていく「インプラント治療」が行われると事も多くなりました。

近年ではインプラント治療を行う歯医者さんも増えていますが、

インプラント治療は健康保険などが適用されない自由診療のため、

料金は各歯医者さんによって異なりますので、

事前に確認し、インプラント治療を行うかを決めましょう。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 歯周病の手術

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://sishubyo.info/mt/mt-tb.cgi/6

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja

このブログ記事について

このページは、imagineが2010年11月22日 21:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「歯周病の治療法」です。

次のブログ記事は「歯周病は感染症」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

回線速度について