歯周病菌

| | コメント(0) | トラックバック(0)

歯を大事にする人が、やはり長生きするようです。

口内には虫歯を起こす菌をはじめ、多くの細菌がいますが、

中でも歯周病の原因となる細菌が全身疾患に関与している証拠が、

最近になって示され始めています。

歯周病になると、菌が歯周炎を起こした歯肉から血液に入りやすい状態になります。

歯周病菌は強い病原性を持つわけではありませんが、

体が弱ってくると全身疾患の原因となる可能性が考えられるようです。

 

既に明らかな虫歯菌や歯周病菌の影響としては、

心臓の人工弁をつけた人が抜歯などの治療を受けた時に

起こしやすい心内膜炎があります。血流が弁の所でうまく流れにくいため、

体内に入った菌が感染して炎症を起こしやすいからです。

血液を通じてではないですが、高齢者ではだ液や食物をのみ込むときに

燕下(えんげ)反射がうまくいかず、口内細菌が誤って気道に入ってしまい

誤燕性肺炎を起こす場合があるのです。

 

歯周病菌は、歯をよく磨かないままプラークが増えると増加します。

酸素を嫌う嫌気性なので特に歯肉溝(歯と歯肉の間の溝)に入り込んでいる

プラーク中の酸素の少ない所で増えるのです。

歯周病は歯周病菌が起こす歯の感染症です。

しかし、歯周病菌がいると、すべての人が歯周炎になるわけではありません。

歯周炎が起こるには、その人の免疫力や生活習慣などが複雑に絡んでいます。

歯周炎は歯を支える組織までがやられてしまう状態です。

歯周病菌は長い期間をかけて病気を起こします。

菌の増加とともに口臭がひどくなり、歯肉の腫れや出血などの症状が現れ、

進行すると歯を支える骨も溶けて歯を失ってしまうのです。

 

歯周病菌は、菌の細胞膜自体に毒素を持ち、

歯周病菌が増えるとともに毒素の影響が出ます。

毒素は歯肉の炎症とともに、

TNFアルファなどの生理活性物質を介して骨を溶かす作用もあり、

弱いがやっかいな存在なのです。

さらに歯肉溝のところで炎症が起きていると、

ちょうど傷が開いたままになっているようなもので、

歯周病菌が血中に入りやすくなり、全身疾患に結び付く可能性は十分考えられます。

 

最近、高脂肪食で飼育し、動脈硬化を起こしやすくしたマウスに、

歯周病菌を経口で感染させると、大動脈での動脈硬化が起きることが確認されました。

歯周病菌が血管内に入り、動脈硬化を起こしつつある部位に来た場合、

菌がさらにその進行を促進したり、血小板に作用して、血を固め、

血栓をつくる可能性も指摘されています。

人ではまだ証明されていませんが、動物実験では

心血管疾患を促進することが示されてきていますので

人でも、歯周病菌が心血管疾患の発症に寄与している可能性があります。

老人保健施設などにいる高齢者では、

口内を清潔に保つオーラルケアを実施した方が発熱など、

体調が崩れる率が減ることも報告されています。

歯周病菌の感染を防ぐには、菌を増やさないように、

ブラッシングなどで歯と歯肉の間のプラークを除去し、

酸素の嫌いな歯周病菌が歯の周りに

すみつきづらい環境にしておくことが大事だということです。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 歯周病菌

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://sishubyo.info/mt/mt-tb.cgi/20

コメントする

このブログ記事について

このページは、imagineが2010年11月23日 17:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「歯周病の痛み」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

回線速度について