歯周病菌

| | コメント(0) | トラックバック(0)

歯を大事にする人が、やはり長生きするようです。

口内には虫歯を起こす菌をはじめ、多くの細菌がいますが、

中でも歯周病の原因となる細菌が全身疾患に関与している証拠が、

最近になって示され始めています。

歯周病になると、菌が歯周炎を起こした歯肉から血液に入りやすい状態になります。

歯周病菌は強い病原性を持つわけではありませんが、

体が弱ってくると全身疾患の原因となる可能性が考えられるようです。

 

既に明らかな虫歯菌や歯周病菌の影響としては、

心臓の人工弁をつけた人が抜歯などの治療を受けた時に

起こしやすい心内膜炎があります。血流が弁の所でうまく流れにくいため、

体内に入った菌が感染して炎症を起こしやすいからです。

血液を通じてではないですが、高齢者ではだ液や食物をのみ込むときに

燕下(えんげ)反射がうまくいかず、口内細菌が誤って気道に入ってしまい

誤燕性肺炎を起こす場合があるのです。

 

歯周病菌は、歯をよく磨かないままプラークが増えると増加します。

酸素を嫌う嫌気性なので特に歯肉溝(歯と歯肉の間の溝)に入り込んでいる

プラーク中の酸素の少ない所で増えるのです。

歯周病は歯周病菌が起こす歯の感染症です。

しかし、歯周病菌がいると、すべての人が歯周炎になるわけではありません。

歯周炎が起こるには、その人の免疫力や生活習慣などが複雑に絡んでいます。

歯周炎は歯を支える組織までがやられてしまう状態です。

歯周病菌は長い期間をかけて病気を起こします。

菌の増加とともに口臭がひどくなり、歯肉の腫れや出血などの症状が現れ、

進行すると歯を支える骨も溶けて歯を失ってしまうのです。

 

歯周病菌は、菌の細胞膜自体に毒素を持ち、

歯周病菌が増えるとともに毒素の影響が出ます。

毒素は歯肉の炎症とともに、

TNFアルファなどの生理活性物質を介して骨を溶かす作用もあり、

弱いがやっかいな存在なのです。

さらに歯肉溝のところで炎症が起きていると、

ちょうど傷が開いたままになっているようなもので、

歯周病菌が血中に入りやすくなり、全身疾患に結び付く可能性は十分考えられます。

 

最近、高脂肪食で飼育し、動脈硬化を起こしやすくしたマウスに、

歯周病菌を経口で感染させると、大動脈での動脈硬化が起きることが確認されました。

歯周病菌が血管内に入り、動脈硬化を起こしつつある部位に来た場合、

菌がさらにその進行を促進したり、血小板に作用して、血を固め、

血栓をつくる可能性も指摘されています。

人ではまだ証明されていませんが、動物実験では

心血管疾患を促進することが示されてきていますので

人でも、歯周病菌が心血管疾患の発症に寄与している可能性があります。

老人保健施設などにいる高齢者では、

口内を清潔に保つオーラルケアを実施した方が発熱など、

体調が崩れる率が減ることも報告されています。

歯周病菌の感染を防ぐには、菌を増やさないように、

ブラッシングなどで歯と歯肉の間のプラークを除去し、

酸素の嫌いな歯周病菌が歯の周りに

すみつきづらい環境にしておくことが大事だということです。

現在では歯周病は、予防でき治療も可能です。

大切なのは予防、診断、治療、そしてメンテナンスです。

 

歯周病の恐ろしい点は、初期・中期には痛みをあまり感じることがなく

症状がどんどん進むことです。

痛みや腫れの症状が出てくるのは末期になってからで、

それまではほとんど自覚症状ありません。

これがこの病気の最大の特徴で、また一番恐いところです。

 

歯周病とは、歯の周りの歯ぐき(歯肉)や、歯を支える骨などが破壊される病気で、

かつては歯槽膿漏と言われていました。

歯と歯ぐきの境目(歯周ポケット)に細菌が入り、歯肉が炎症を起こし赤く腫れて、

ブラッシング時に出血します。 しかし、痛みは全くありません。

さらに進行すると、歯肉の中にある歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けて、

膿が出たり歯がグラグラしてきます。

この時期になると、やっと痛みや腫れをともないます。

そして、最後には歯が抜けてしまいます。

その理由として、初期の段階では虫歯のように歯に穴があいたり、

痛くなったりと言ったはっきりとした症状が現れにくく、

 かなり進行しないと、痛みや腫れと言う自覚症状が現れないからです。

さらに、日本人には歯の定期検診を受ける習慣があまりないこと、

また歯周病を確実に治療できる歯科医が残念ながら

非常に少ないことなどが考えられます。

一生自分の歯で噛むためには、

むし歯の予防と同時に歯周病の予防と適切な治療が大切なのです。

歯周病で最も進行した状態をP3と呼びます。

この状態は歯の周囲を固定しているはずのあごの骨が溶け、

歯が前後左右上下の全ての方向にぐらついている状態です。

歯周病の末期段階の特徴で、最も分かりやすいのは歯の動揺。

P2は前後左右に動きますが、P3では歯が抜ける方向にも2~3mm動きます。

要するにぐらぐらで自分で引っ張れば抜けるような感じがします。

さらに噛むたびに歯がぐらつき、痛みが出ることも。

歯の周囲が白いプラークで汚れ、

腫れて歯茎を押すと白い膿がどんどん出てくることもあります。

 

歯周病の原因は、歯の周囲に付着した細菌です。

歯周病の初期段階では、この細菌が歯茎にのみ炎症を起こし

出血や白い膿が見られます。末期になると歯の周囲の骨がほとんど溶けますが、

これは骨に近付いてくる細菌に対して骨が自分を溶かして逃げようとしているのです。

P3では歯の根の部分がほとんど細菌に占拠され、

実は歯そのものは既に細菌の固まり、

体に不必要な有害な異物と判断された状態です。

そのために治療は抜歯。抜歯を行ない細菌まみれの異物(歯)が排除されれば、

骨はまた周囲の骨の高さまでゆっくり戻ってきます。

 

よくあるのは、歯の周囲の骨が完全に溶けグラグラなのに、

抜歯せずに放置するケースです。

これはまるで細菌まみれの異物を骨に無理矢理押し付けているようなもの。

体に良いわけありません。

歯周病の末期に抜いた歯は、

どれもかなり汚れていて2度と口に戻したくないと思うものばかりです。


ネット上には様々なサイトでこの歯周病の酷い状態の画像が出ています。

そんな風になってから、慌てる前に、気になったらすぐに歯医者さんへ行くべきです。

そしてそうなる前に、丁寧なブラッシングを心掛けたいものです。

軽度の歯周病(歯肉炎程度)の場合には、

歯磨き指導やスケーリング(歯石取り)を行なって、

歯周病の原因の1つであるプラーク(歯垢)を除去することが治療のメインとなります。

初期の歯周病であれば治療を行うことによって、

元通りの状態に戻すことも可能ですが、歯周病が進行して骨が溶かされると、

治療を行っても元通りにはなりません。

ですから、「もうちょっと我慢して、問題が出たら歯医者さんに行こう」というのではなく、

「問題が出ないように歯医者さんに行く」という意識を持つことがなによりも重要です。

また、軽度の歯周病に関しては保険と保険外で治療内容に大きな違いはないのですが、

現実的には、保険外のほうがより丁寧に時間をかけて、

しっかりとした治療が行なわれることが多いようです。

 

治療費の目安として、

保険適用の場合は5000円~10000円

治療費の内訳は

初診料:600円(初診時のみ)

再診料:120円(初診以降の通院1回ごと)

歯磨き指導:330円

歯周病の検査費用:2.000~3.000円×2~

スケーリング(歯石取り):800円~1.000円

 

これが保険外の自費の場合は、10000円~50000円程度になります。

治療費の内訳は

相談料:0円~1万円程度

歯磨き指導:2.000~3.000円

歯周病の検査費用:3.000~30.000円×2~

スケーリング(歯石取り):3.000円~10.000円

 

以上は、非常に大雑把な目安です。

特に保険外(自費)の場合には、歯科医院によって

治療内容・治療費に大きな違いがありますので、

必ず事前に確認しておいた方がいいでしょう。

歯周病を薬で治そうという試みは古くからなされてきました。

しかし、特効薬はなく薬のみで治すのは不可能です。

歯肉炎、歯周炎ともに治療の基本は原因の除去、

すなわち歯ブラシを用いた口腔清掃や専用の機器(スケーラー)を用いた

スケーリング(歯石除去)等の物理的な清掃が基本であり、

薬物療法はあくまでも補助的なものです。

歯周治療に用いられる薬物は使用法の面から局所に用いるもの

全身的(服用など)に用いるものに分けられます。

いずれの薬物も副作用を考慮することが大切で、とくに長期の使用には注意を要します。

 

 

歯周治療の消毒剤としては、主にうがい薬を用い、

歯肉と歯のすきま(歯周ポケット)や歯肉表面などの細菌を殺したり増殖を防ぎ、

歯肉の炎症を改善する目的で用いられます。

さらにプラーク(歯垢)の抑制にも用いられます。

しかしこれらの薬物の効果には限界があり先に述べたように

歯ブラシやスケーラーによる物理的清掃を優先させることが大切です。

現在ではおもに、歯肉が腫れたり痛みがあったりと急性の症状がある場合、

歯周病治療の手術の前後に多く用いられています。

 

 

歯周治療での抗菌剤使用としては、局所的に用いる歯周ポケット内貼薬療法と、

内服(経口全身投与)の二つがあります。

まず局所的に用いる歯周ポケット内貼薬療法は、歯周ポケット内へ抗菌剤を挿入し、

歯周ポケット内の有害な細菌を減少させて、

歯周病を改善することを目的とした治療法です。

歯周ポケット内の細菌に対してとくに有効な抗菌剤をポケット内に挿入し、

除放性にして長時間高濃度を保ち、有害菌を減少させる治療法です。

この治療法は抗菌剤の全身投与に比べて副作用が少ない利点があります。

歯周ポケット内に直接抗菌剤を作用させるため投与する量が少なくてすみ、

耐性菌の出現、腸内細菌への影響等の問題も起こりにくくなります。

 

 

歯周治療での抗菌剤使用(経口全身投与)では、

急性期に歯周ポケット内に侵入した細菌を殺したり、

手術時およびその後の細菌感染防止の目的で、種々の抗菌剤が用いられます。

とくにテトラサイクリン系が有効とされ、経過を観察しながら2~4週間程度服用します。

テトラサイクリンは血中からポケット内組織への移行がよく、

血中濃度と同等の薬効濃度を維持でき、副作用も少ないようです。

ただ、日本ではこの内服薬の投与はあまり広くは行われてはいません。

日本での歯周治療での抗菌剤使用の主流は先に述べた

局所的に用いる歯周ポケット内貼薬療法です。


 

歯周病は、進行すると歯がぐらぐらしたり、歯ぐきから膿が出たり

最終的には歯が抜けてしまう病気です。

医学的にいうと、歯周病菌によって、歯ぐきの中の歯を支えている骨が

とけて少なくなってしまうことをいいます。

 

初期の歯周病はほとんど症状がなく、実際は35歳~44歳までの人でおよそ81%、

45歳~54歳では85%の人が歯周病にかかっています。(歯科疾患実態調査より)

つまり、程度の差はあってもほとんどの大人は歯周病に

かかっているといっても過言ではないわけです。

軽い歯周病であれば、基本的な治療で治ります。

基本的な治療とはプラーク(歯垢)と歯石を取ることで、

歯みがきでとることができます。

歯石は歯科医院で取ってもらいましょう。

 

最近は歯周病に効くという塗り薬が出ているようですが、

塗るだけで歯周病が治せるような便利な塗り薬は今のところありません。

極々、初期の軽い症状が出ている場合、

少し腫れをひかせる程度だと考えた方がいいと思います。

 

歯を支えている骨の吸収が起きている中等度~高度に進行している歯周病は、

骨を元通りに再生することは難しくなります。

放っておいて抜かなければならないということのないように

基本的な治療を行い進行を止めていくことを考えなければいけません。

従来の治療方法ではスケーリングやSRPと呼ばれる方法で

歯周病の原因である細菌を機械的に除去したり、

薬剤を使用し細菌を死滅また減少させることが歯周病の治療として行われてきました。

しかしこの方法では、歯周ポケットが深い場合や歯周ポケットの形態が複雑な場所などは

細菌が残ることが多く、また歯の根に染み込んだ内毒素(細菌の出す毒素)は、

バイオフィルムという細菌の作る膜に囲まれていることにより、

薬剤が浸透しないため効果が出ないので、歯周病を完全に治すことが困難でした。

 

しかし、レーザー治療では、レーザーの光と熱によって従来は届きづらかった

深いポケットや複雑な形態のポケットにも到達することが可能になり、

細菌を減少または死滅を図り、内毒素を無毒化します。

また炎症組織をレーザーにより蒸散させることにより、

歯茎の治癒を促進し、歯根との再付着を促します。

 

従来の歯周病治療は、症状により麻酔が必要であったり、

出血が多かったりと治療が思うように進まない事もあり、

術後の治癒経過も遅い傾向にありますが、

レーザー治療は麻酔が必要ない場合が多く、

治療と同時に患部への殺菌・消毒や消炎も行える為、

治癒経過も非常に良好となります。

故に、短期間での治療が可能ですので、

患者さんへの負担が少ないという利点も持ち合わせています。

口臭と歯周病、歯槽膿漏の関係はかなり深いものがあります。
 
歯周病や歯槽膿漏などによって口の中が炎症を起こしていたり、
 
ひどい虫歯があったりすると口臭が発生しやすくなるのです。
 
物質としては、メチルメルカプタン、硫化水素、ジメチルサルファイドという3種類があります。
 
いずれも硫黄化合物で、さまざまな細菌の代謝産物として
 
歯周ポケットや虫歯の穴の中、厚い舌苔(ぜったい)の中に存在していて、
 
その多くは嫌気性菌(けんきせいきん)と通性嫌気性菌です。
 
歯周病や歯槽膿漏を引き起こすのは嫌気性菌ですから、
 
これらの口の病気を持つ人は口が臭くなってしまうというわけです。

 
歯周病とは歯の周囲が炎症を起こす病気で、
 
場所によって歯肉炎と歯周炎に分類されます。
 
歯肉とはいわゆる歯茎のことですから、歯茎の炎症は歯肉炎です。
 
歯周炎とは歯の基礎となる歯槽骨などが侵され、
 
歯そのものは健康でも支える部分が弱ってしまうので、
 
悪化すると歯を失う危険性も高まるという怖い病気です。
 
さらに炎症が進んで歯槽膿漏と呼ばれる状態になると
 
歯を支える部分から膿が出るようになります。この膿もまた口臭の原因になるのです。
 
 
 
しかし、口の中の病気は正しい歯磨きによってある程度は予防できます。
 
口臭の予防にもなりますから、日ごろからきちんと歯磨きをすることが大切です。

知覚過敏症とは、むし歯ではないのに歯がしみる症状をいいます。

なぜ、こうしたことが起こるのでしょうか。

 

歯の神経は、歯の中心部にある歯髄(しずい)と呼ばれる場所にあります。

歯髄は周囲を象牙質でおおわれ、その外側には硬いエナメル質の層があります。

歯の根の部分(歯根部分)にはエナメル質はありませんが、

代わりにセメント質の層で守られています。

このエナメル質やセメント質の層が傷つき、象牙質がむき出しになると、

知覚過敏が起こります。

象牙質には、象牙細管と呼ばれるたくさんの穴が開いているため、

象牙質がむき出しになると、外からの刺激が象牙細管を通して、

歯の神経に伝わり、痛みを感じるのです。

 

エナメル質やセメント質が傷つく原因として、次の2つが考えられます。

  ①歯ブラシで強くみがきすぎて、歯のエナメル質を傷つけたり、 

    歯周病などで歯ぐきが下がって露出した歯根部分のセメント質を傷つけてしまう。

    セメント質はエナメル質よりやわらかいので、歯根部分が露出しただけで傷む場合も。

  ②歯ぎしりや歯を食いしばるクセで、過剰な力がかかって、

    歯の表面が割れたり、はがれたりする。ひどいときは歯にひびが入ることも。

 

冷たいものが歯にしみると感じたら、すぐに歯科医院で診てもらいましょう。

いったん知覚過敏になると、何度もくり返し起こり、症状が強くなっていきます。

知覚過敏では、軽度から重度まで段階を追って次のような治療をします。

軽度の場合

  ①やわらかい毛質の歯ブラシを使って、正しい歯みがき法で口腔内を清潔に保ちます。

    口の中が清潔であれば、唾液に含まれるカルシウムやリンが

    歯の表面の傷ついた部分にくっついて、歯を修復する「再石灰化」が起こり、

    知覚過敏の症状が治まってきます。

  ②歯みがき指導では、軽い力でみがくよう教えられますが、

    時間がたつと強くみがくクセが出てしまうことがあります。

    歯ブラシにかける適切な圧力は300グラム程度といわれています。

    力の程度がわからなくなってきたら、キッチン秤などで確認しましょう。

  ③歯みがき剤は使わないか、研磨剤が入っていないものを少量使用。

    歯ブラシがふれると痛む場合は、

    知覚過敏の症状を抑える歯みがき剤を使うといいでしょう。

中程度の場合

    痛みが強い場合は、露出した歯根の表面をコーティングする処置をしたうえで、

    正しい歯みがきを続けて再石灰化を待ちます。

    ほかに、レーザーを照射して症状を緩和させる方法もあります。

重度の場合

    露出した歯根の傷つき方が大きい場合は、

    歯と同じ色をしたセメントやレジンという修復材で傷を埋めて、

    歯の神経が刺激を受けないようにします。

また、原因が歯ぎしりである場合には、歯科医院で歯の型をとって、

マウスピースをつくってもらいます。

就寝中にこれをつけることによって、歯の損傷を予防することができます。



歯周病の症状は、歯周病菌に対する免疫系が歯肉部分で

過剰反応することで悪化していきます。

通常、免疫反応は身体を守るために働くのですが、

歯周病細菌が歯肉に刺激を与え続けると、

歯周組織のマクロファージやリンパ球が産生された酵素類やサイトカイン類などが、

局所(歯肉)に蓄積します。

酵素類はコラーゲン繊維などを切断・溶解する作用を持っています。

サイトカイン類は、多彩な生理活性を示す炎症性サイトカインと呼ばれるタンパク質です。

これらは、血液中に入っていろいろの全身疾患に悪影響を及ぼします。

 

局所的に産生された炎症性サイトカインは、

歯周組織に対して悪影響を及ぼすだけでなく、

血液を介して全身疾患にも負の影響をもたらします。

最近の研究では、糖尿病、心臓血管病、低体重児出産・早産などが

歯周病に関連する疾患とされています。

また、肺炎、骨粗しょう症、腎炎、関節炎、発熱などへの関連も疑われています。

しかしながら、このことに関する研究成果や発表の多くは

米国の大がかりな疫学研究が拠りどころとなっており、

日本では確証となる介入研究はまだ不足気味です。


回線速度について